冬に犬と散歩する時の注意点!気温や犬服について解説します

寒い冬、お散歩のコツ


寒くなってきました。わんちゃんとのお散歩、時間帯や体調も気になりますよね。
雪が降るまでではないけれどとにかく寒い!という日はどうやってお散歩すればよいかオススメをお伝えします。

気温


犬種によっても違いますが、およそ18~20℃くらいの気温であれば適温と言えます。
室温も同じく、それを下回ることがないよう調節してあげる必要があります。

寒さに弱い犬種


シングルコートという毛の種類は、寒さに弱い犬種です。
トイプードル、マルチーズ、ヨークシャー・テリアなどです。
毛が一層しかないタイプで、換毛期の抜け毛も少ないです。

ダブルコートと呼ばれる、毛が2層になっているタイプの犬種は、寒さに比較的強いです。柴犬や大型犬など、換毛期の毛の抜け方が激しいわんちゃん達です。

※チワワやパピヨンは、どちらのタイプもいます。

大型犬と小型犬どちらが寒さに弱いかというと、やはり小型犬です。
身体が小さいほど熱の放出量が多く体温が下がりやすい傾向にあります。

犬が寒がっているときの様子

  • 小刻みにプルプル震えている
  • じっとして動かない
  • 抱っこやキャリーに入りたがる

といった様子になります。
そんな様子が見られたら、一旦温めてあげるなど対処してあげましょう。

冬もお散歩をしましょう

暖かい部屋から急に寒い外に出ると、どうしても寒がってしまいます。
玄関などで少し寒さに慣らしてあげるとスムーズです。
ちょっとダッシュして体温をあげてから出るのもありかもしれません。

また、長時間行く必要はないので、いつもより短めにお外に出るのも対策の1つです。
お洋服を着せられる子には、市販の防寒機能があるようなお洋服を着てお散歩に行くとあたたかいままでいられます。
犬用の靴も市販されていますが、履かせるところと、それから歩かせるところは大変難しいです!わんちゃんが嫌がるようであれば無理しないでよいでしょう。

犬はなぜお散歩が必要なの?

もちろん、運動、気分転換などが主な理由です。
人の1日が、わんちゃんにとっては5日くらいの長さだと言われています。なので、1日外に出ないと、5日間家にいたような感覚になるようです。
そのため、1回は外に出してあげたい所です。短くても大丈夫です。逆に、1日に何回お散歩に行っても良いものだそうです!

人間は、マスクとソーシャルディスタンスをお忘れずに・・・!!

anicas候補生の応募はコチラ>>

anicasとは?

ペットインフルエンサーやペットモデルが数多く在籍するペットタレント事務所です。
CMや雑誌などの撮影はもちろんですが、各ワンちゃんネコちゃんのSNSアカウントには数十万人のフォロワ−がおり、個々のペットタレントが発信力を持っているのも特徴の一つです。

可愛いペットで共感PR

anicasに所属するペットタレントが保有するSNS(Instagram、Twitter、YouTube)で御社の商品やサービスの情報を発信致します!実際に商品、サービスを利用した感想をペットの飼い主目線でフォロワーに向けて発信するので、共感を得やすい投稿で多くの方へのリーチが可能です。

ペットを起用した撮影

CM、雑誌、プロモーション動画など様々な場面での撮影におけるペットモデルをキャスティングします!
もちろん現場にはマネージャーも同行し、スムーズな撮影のサポートを致します。

猫モデルと犬モデル募集中

anicasでは、猫モデル犬モデルを募集しております。

詳しくコチラ>>