トイプードルやビションフリーゼなど巻き毛のわんちゃんの秘密と進化

くるくるした巻き毛にはどんな秘密が!?


トイプードルなど、かわいいくるくる巻き毛のわんちゃんの種類があります。
ビションフリーゼやプーリーといった種類もいます。
なぜ巻き毛に進化したのでしょうか?

巻き毛の強さ


巻き毛にも、強さが数種類あり、トイプードルなどよりも強くなる犬種もいます。
プーリーもそうですが、コモンドール、コーデッド・プードルというタイプがいます。
毛が伸びるにつれて、毛同士が絡まりあってドレッドヘアのような、縄状(コード状)になっていきます。

巻き毛犬の元祖

フランスの「バルべ」という犬種が元となり、派生してプードルなどが生まれてきたと言われています。
「バルべ」はいわゆるウォータードッグで、水場の鴨などを狩猟するための犬でした。水場で活動しやすいように、浮きやすい巻き毛だったと考えられます。

縄状の強い巻き毛に進化していったのは、「プーリー」などは牧羊犬だったことが理由だと考えられます。毛で出来た鎧をつけているようなもので、オオカミなどから身を守ることが出来たのです。

遺伝子で決まる、犬の毛の種類

毛質がどうなるかは、遺伝子の中に変異遺伝子があるかどうか、その遺伝子が強いかどうかで決まっていきます。
例えば、

巻き毛のお父さん × 巻き毛のお母さん = 巻き毛の仔犬
巻き毛 × 直毛 = ウェーブ
直毛 × 直毛 = 直毛

こんな遺伝になります。
そこに、「ワイアーヘア」の遺伝子が入ってくると、顔の毛も長くなりくるくるになります。ワイヤーフォックステリアのようなイメージです。

さらに、「長毛」「短毛」の遺伝子が入ってくると、それが反映されます。

柴犬だと「短毛」「直毛」「ワイアーなし」が組み合わさった種類です。
トイプードルだと「長毛」「巻き毛」「ワイアーあり」という遺伝子なのです。

どの犬種もこの3種類の掛け合わせで毛質が決まってくる、と考えるとわんちゃんを観察してしまいますね!

詳しくコチラ>>

anicasとは?

ペットインフルエンサーやペットモデルが数多く在籍するペットタレント事務所です。
CMや雑誌などの撮影はもちろんですが、各ワンちゃんネコちゃんのSNSアカウントには数十万人のフォロワ−がおり、個々のペットタレントが発信力を持っているのも特徴の一つです。

可愛いペットで共感PR

anicasに所属するペットタレントが保有するSNS(Instagram、Twitter、YouTube)で御社の商品やサービスの情報を発信致します!実際に商品、サービスを利用した感想をペットの飼い主目線でフォロワーに向けて発信するので、共感を得やすい投稿で多くの方へのリーチが可能です。

ペットを起用した撮影

CM、雑誌、プロモーション動画など様々な場面での撮影におけるペットモデルをキャスティングします!
もちろん現場にはマネージャーも同行し、スムーズな撮影のサポートを致します。

猫モデルと犬モデル募集中

anicasでは、猫モデル犬モデルを募集しております。

詳しくコチラ>>