マイナンバーカードで飼い主登録できるようになる!?ペットの世界もデジタル化へ

マイナンバーカード


「マイナポイント」の付与などで、いま政府はマイナンバーカード取得の促進に力を入れています。
カードの申請をして、カードが届いたら、ペイペイやドコモなどのアプリに2万円チャージしたり2万円のお買い物をすると、5,000円分のポイントがもらえる仕組みです。
ちなみに現在、カードを申請すると約1-2か月でマイナンバーカードが届きます。

マイナンバーカードの使い道


マイナンバーカードで何が出来るかというと、まずは身分証明になりそうです。
保険証のかわりにも使えて、病院で提示すれば適用してもらえます。
また、コンビニで戸籍抄本や住民票も印刷できます。

ちなみに早速戸籍抄本を印刷してみましたが、
本籍と住所地が違う場合は、まず「利用登録申請」が必要です。
申請はコンビニのコピー機で出来ます。
この申請をしてから約1週間で、戸籍抄本を印刷できるようになります。
(微妙に不便)

申請の状況を、オンラインで確認できるのですが、
そのページを見に行ってみたら、、、
https://ks.lg-waps.go.jp/maintenancepage/index.html#/
現在故障中でした!

どうしようかなと思っていたら、区役所から直接電話がかかってきました!
申請内容の確認をして終話。
電話が終わって数時間後に試しにコンビニへ行ってみましたがまだ印刷できず。
翌日にもう一度コンビニへ行って印刷を試してみたら、印刷ボタンが表示されました!!
こうして無事に、コンビニのコピー機で戸籍抄本をGETすることができたのでした。

マイナンバーカードとペット

自分に紐づくデータを登録できるのであれば、ペットと飼い主のデータも紐づけてほしいですよね!
マイナンバーカードを使ってマイクロチップの登録を出来るとかとか・・・

と思って検索したら、現在内閣官房のIT戦略室で検討中だそうです!
令和元年に施行された「デジタル手続法」にのっとって、現在色々な行政手続きのオンライン化が推し進められています。その中の1つとして、議題にはあがっているようです。

わんちゃんに関するところでいうと、マイクロチップが鑑札がわりになる(!?)という手続きも検討されているそうです。
狂犬病は毎年注射するものだけど、どうやって登録するのだろうか。。
ドッグランにもマイクロチップリーダーが設置されるのだろうか。。
細かい所はまだ書いていなかったのでわかりません。

マイクロチップを装着してから、飼い主登録をいままで紙でやっていましたが、それをオンラインで出来るようになり、注射済票もオンラインで登録できるような仕組みを検討中だそうです。その際マイナンバーカードをピッとすることで、記入の手間もだいぶ短縮できるようになります。

実現されるのかや、進捗などは一切わかりませんが、ペットの世界のデジタル化もこれから進んでいくのかもしれませんね!

参照元: https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou18/dl/201225-08.pdf

詳しくコチラ>>

anicasとは?

ペットインフルエンサーやペットモデルが数多く在籍するペットタレント事務所です。
CMや雑誌などの撮影はもちろんですが、各ワンちゃんネコちゃんのSNSアカウントには数十万人のフォロワ−がおり、個々のペットタレントが発信力を持っているのも特徴の一つです。

可愛いペットで共感PR

anicasに所属するペットタレントが保有するSNS(Instagram、Twitter、YouTube)で御社の商品やサービスの情報を発信致します!実際に商品、サービスを利用した感想をペットの飼い主目線でフォロワーに向けて発信するので、共感を得やすい投稿で多くの方へのリーチが可能です。

ペットを起用した撮影

CM、雑誌、プロモーション動画など様々な場面での撮影におけるペットモデルをキャスティングします!
もちろん現場にはマネージャーも同行し、スムーズな撮影のサポートを致します。

猫モデルと犬モデル募集中

anicasでは、猫モデル犬モデルを募集しております。

詳しくコチラ>>