東京ビジュアルアーツさんのお仕事にいってきました!

今回のお仕事は?

今回のお仕事は、、、「彫刻モデル」!

 

・・・え?彫刻モデル?

 

数多くの撮影を行ってきたanicasの中でも、かなり特殊なご依頼です。

色んな現場に立ち会って来ましたが、初めて案件の内容を聞いたときは全くイメージできませんでした笑

東京ビジュアルアーツさんの授業の一つで、「犬」を題材にしての彫刻を作るという授業があるそうで、そのモデルとして生徒さんの前でひたすらその姿を描かれ、写真を撮られ、ずっと見られるというお仕事です。

一口に「ペットモデル」といっても、本当に色んなお仕事があるんです、はい。

りなちゃんと待ち合わせ

りなちゃんと飼い主さんと東京ビジュアルアーツさんの前で待ち合わせ致しました。

公共交通機関が苦手だったり、移動手段がないなど、場合によってはマネージャーが車でお迎えに行く場合もありますが、ここだけの話、マネージャーの車は狭いのでオススメしません。笑

今回はりなちゃんのお姉ちゃんのりなちゃんも今回は「応援団」として現場に同行してくれました。心強いですね!

・・・ちなみにこの二人、「超高速鼻パク」でテレビにも出演してるすごい柴犬ちゃんなんです。

速過ぎて肉眼ではホントに何が起きたか分かりません!是非ぜひ、コチラからそのスゴ技もチェックしてみて下さい!

初めての現場はみなさん緊張しますが、みくちゃんは(もちろんりなちゃんも)現場に慣れっこなので、この余裕の表情です。

教室へ移動

校内はカートに入って移動します。周囲の方への配慮やペットタレントのストレス軽減の為にも、基本的にスタジオや各現場などでは普段使用してるキャリーケースやカートを持参頂き、移動や休憩の間はその中にいる事が多いです。

教室へ向かう途中、多くの生徒さんから「ワンちゃんだ〜!」と可愛がられ、みんなを癒やしていました。ワンちゃん(ネコちゃんも)はみんなのアイドルですね。

こちらはエレベーターの中でのお写真。後ろのポスターが気になります。

余談ですが、「この年齢になると学校に入る事なんて滅多にないですし、卒業して十数年も経つので、途中で聞こえてきたチャイムの音に心を打たれ、あの頃を思い出しました。」との事(30代半ば男性マネージャー)。・・・失礼しました。

お仕事の風景

通常の撮影では特定の立ち位置からスタートし、カメラが回っている間に演技をしたり、特定のポーズを取ったりするのですが、今回は「彫刻モデル」という事でりなちゃんには基本的におすわりor伏せの状態で、生徒さんに”見られる”というお仕事です。

・・・とは言っても厳密なポーズの要求はなく、リラックスして楽な姿勢でいて良いし、途中で飼い主さんにおやつはもらえるし、休憩の間は生徒さんに「可愛い〜!」と遊んでもらえるし、とても楽しいお仕事でした。

どの現場でもそうですが、撮影の合間や移動中などに他のスタッフさんや演者さんから可愛がってもらえて、現場はとても和やかで、癒やしに包まれています。

生徒の皆さん、真剣に「りなちゃん」を作っていました。皆さんすごいなぁ。。。

こちらは「応援団」のみくちゃん

お仕事中のりなちゃんを見つめながら、時折り飼い主さんにおやつの催促。かわいい。

実は合計で3日間東京ビジュアルアーツ様にお仕事にきたのですが、最終日無事に「彫刻モデル」を果たしたりなちゃん、帰り際に生徒の皆さんに「ばいば〜い」とお見送り頂き今回はお仕事終了です。今回はりなちゃんの「彫刻モデル」のお仕事の様子をご紹介しました。

 

・・・おまけ↓

帰り際の校舎内。生徒さん達の迫力ある作品とおとなしく移動中のみくりなちゃん。なんかシュール笑

 

出演

みくりな

Instagram:https://www.instagram.com/9648miku/

Youtube   :https://www.youtube.com/user/miku20121007

 

anicas的ペット専門用語辞典>>

anicas候補生の応募はコチラ>>